1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が上がる方法230~大手広告代理店出身・マーケティングコンサルタントのプロモーションスキル~ 「働き方改革」

広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が上がる方法230~大手広告代理店出身・マーケティングコンサルタントのプロモーションスキル~ 「働き方改革」

広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が上がる方法230~大手広告代理店出身・マーケティングコンサルタントのプロモーションスキル~

 

「働き方改革」

 

12月21日の神戸新聞の記事です。

 

「業務見直し意欲向上へ丸五商会 帰社予定時刻を自己申告 効率化・改善」

 

①「厚生労働省事業・働き方グッドプラクティス選定事例」という、社会性・公共性

 

「長時間労働を減らせないかと代表取締役は悩んできた。社労士は『営業職の労働時間管理を改善して業務の効率化を図るところから始めるべきだ』と指摘した」

 

「こうした改善策により1人1人が仕事の回し方と時間管理を意識するようになり『時間外労働の減少につながった』という」

 

 こういうネタは広告費ゼロで、マスコミに載ります。なぜなら

 

 社会性・公共性があり、どの会社でもマネできそうだからです。

 

 そもそもそんなにユニークな企業や商品、活動は、世の中に多くありません。たいていの企業は、ごくごく普通の平凡な会社が大半です。

 

 では、そんな会社がマスコミに載るのは不可能でしょうか?

 

 いいえ、そんなことはありません。

 

 この記事で取り上げられた丸五商会は、記事を読む限りでは、どこにでもありそうなごくごく普通の会社です。

 

 そして、やっている内容も、とりたてて特別なことはやっていません。

 

 ちょっとした工夫で時間外労働を減らしたという、とっても地味な活動です。「帰社予定時刻を自己申告」?どこの会社でもそれぐらいならできそうですよね?

 

 だからよかったんでしょうね。これなら、どこの会社でも再現性のある取り組みだ、ということになったんでしょうね。

 

 丸五商会が選ばれたのは、たまたまでしかなかったんですね。角六商事でも何でもよかったんです。

 

 でも、丸五商会は、厚生労働省事業・働き方グッドプラクティス選定事例として選ばれ、新聞にデカデカと載ったんです。

 これで、一気に社内外の注目度はアップしているはずです。

 

 これなら、あなたの会社でもできるのではないでしょうか?

 

 地道に社員の幸せのために考え、実行し、ついでに厚生労働省の事例募集にも応募してみる。これならあなたもできるでしょ?

 

 それでもしマスコミに載らなかったらどうしてくれるんだって?

 

 いいじゃないですか。少なくとも社員の皆さんは働きやすくなっているはずです。

 

 そういう試みを続けていき、そして、プレスリリースを出し続けるんです。

 

 マスコミが放っておけなくなるまで。

 

 こんないい会社ならぜひ応援したい、ぜひ取材してください、と言ってくるまで。

 

 

 

 今回はいかがでしたでしょうか?

 さて、もし、「広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が

上がる、「具体的・実践的な方法」にご興味がおありでしたら、

 

今なら、LINE公式アカウント開設記念キャンペーン中ですので、

LINE公式アカウントとメルマガの同時登録で、

通常1万円のセミナーを無料でご提供します。登録はこちらから。

https://lin.ee/X2ZioNJ

https://resast.jp/subscribe/132866/1580486

 

また、「広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が

上がる、「具体的・実践的な方法」の概要をお伝えする

「9日間のメールセミナー」はこちらです。よろしければ、どうぞ。

メールセミナー

https://resast.jp/subscribe/148159/184698

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る