1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が上がる方法232~大手広告代理店出身・マーケティングコンサルタントのプロモーションスキル~ 「個性派商品」

広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が上がる方法232~大手広告代理店出身・マーケティングコンサルタントのプロモーションスキル~ 「個性派商品」

広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が上がる方法232~大手広告代理店出身・マーケティングコンサルタントのプロモーションスキル~

 

「個性派商品」

12月23日の日経MJフード面の記事です。

「個性派プリンで佐賀、街おこし」 

「佐賀県には特徴のあるプリンが多くある。すし店が茶わん蒸しの技術を生かしてつくった『佐賀の人妻プリン』など」 

①「特徴あるプリン」という、新奇性・独自性

②「佐賀をプリン県に」という、地域性・社会性 

「プリンで地域を盛り上げようと『佐賀をプリン県に実行委員会』を立ち上げた」 

こういうネタは広告費ゼロでマスコミに載ります。なぜなら 

地方の過疎化はどんどん進行しており、地域おこしは日本全国共通の課題です。でも、難しい顔して理屈っぽい議論をしていても、盛り上がりません。 

そんなとき、『佐賀の人妻プリン』と言われたら、思わず笑っちゃいますよね。それが大切なんじゃないか、と思います。 

だって、人に言いたくなりますもん。 

マスコミの方は、究極の「野次馬」なんじゃないかと思います。もともとそんな人かどうかは別として、「野次馬」でなければ、こんな商売やってられないと思いますよ。 

いまだに「夜討ち朝駆け」という言葉が生きています。黒川検事総長をたらしこんで定期的に麻雀大会を開いていた産経新聞の記者さんは、おそらく辣腕のエース記者でしょう。間違いなく、プライベートなんてないと思います。夜中にたたき起こされ、夏のくそ暑いときも冬の凍えるような寒さの中でも、じっと張り込みをしたり、トイレを見知らぬお家でお借りしたり、とんでもない毎日を送っているのです。 

普通じゃないですよね。生活のためだけなら、他にいくらでも仕事はあります。よりによてこんな商売をしているということは、よっぽど好きなんでしょうね。野次馬が。 

ですから、『佐賀の人妻プリン』なんて聞いた日にゃ、居ても立っても居られないんだろうと思います。何それ、もっと知りたい、どういうこと?と首を突っ込んでしまうんだと思います。

 

ということは、そういうネタを創って持っていけばいいんです。思わず、食いついてしまうようなネタを。 

そんなネタ無い?ですから、無ければ創るんですって! 

『佐賀の人妻プリン』、とにかくネーミングとか、キャッチコピーでまず振り向いてもらいましょう!

 

 

 今回はいかがでしたでしょうか?

 さて、もし、「広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が

上がる、「具体的・実践的な方法」にご興味がおありでしたら、

 

今なら、LINE公式アカウント開設記念キャンペーン中ですので、

LINE公式アカウントとメルマガの同時登録で、

通常1万円のセミナーを無料でご提供します。登録はこちらから。

https://lin.ee/X2ZioNJ

https://resast.jp/subscribe/132866/1580486

 

また、「広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に載り、集客できて売上が

上がる、「具体的・実践的な方法」の概要をお伝えする

「9日間のメールセミナー」はこちらです。よろしければ、どうぞ。

メールセミナー

https://resast.jp/subscribe/148159/184698

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る