1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 広報ブログ:掲載されるプレスリリースとは④

広報ブログ:掲載されるプレスリリースとは④

「掲載されるプレスリリース」とは何か

それは、

①驚き(サプライズ:SURPRISE)
②新しさ(ニュー:NEW)
③社会性(ソーシャル:SOCIAL)

です。それぞれの頭文字を取って、「SNS」と覚えてください。

昨日は、①驚き(サプライズ:SURPRISE)についてお話しました。

いわゆる「ヘイヘイホーの法則」です。

記者さんに「へええ!へええ!ほおお!」すなわち「ヘイヘイホー」と言わせるような、驚かせるようなネタ、これが大切というお話です。

「イケメンのサッカー選手が介護の仕事?へええ!」

「太らないおやつ?それがアメリカで流行?へええ!」

「果肉まで赤いリンゴを使った機能性食品?ほおお!」

この「へええ!」「ほおお!」が大きいほど、大きく取り上げられる可能性があります。

「タピオカミルクティーが日本中で大流行!へえええええええ!」

「ハンディ扇風機を街中で持ち歩く人が激増!へえええええええ!」

「ウーバーイーツの利用者が急増!ほおおおおおおお!」

社会現象と言えるくらいのブームになれば、「いち民間企業の広告」ではなく、「マスコミで取り上げるべき情報」になります。以前ご説明した「情報変換の原則」です。

ここで問題は、どの程度の驚きがあれば、掲載されるのか、という点です。

「ウチの商品は結構驚きがある。画期的だ。十分掲載されるのではないか」

皆さん、そう思っていらっしゃるかもしれません。あるいは、

「ウチの商品なんて、大したことない。マスコミに掲載されるなんて、ありえない」

そう思っていらっしゃるかもしれません。

どちらも、冷静になって判断してください。

一番いいのは、あなたのビジネスのことを詳しく知らない人で、遠慮なくズバズバとホンネで言ってくれる人に、聞いてみることです。あなたの奥様、あるいはご主人がいいかもしれません。それとも、何でも言い合える親しいお友だちがいいかもしれません。大切なことは、本当に思ったことを、「忖度」抜きで、言ってくれる人に聞いてみることです。

マスコミの記者さんは、読者、視聴者のことを考えています。フツーのどこにでもいるオッチャン、オバチャンのことをイメージしています。テレビのニュースでは、なぜか必ず新橋の駅前SL広場でほろ酔いのオッチャンやOLの方をつかまえて意見や感想を聞いています。

彼らが「へええ!ほおお!」と言ってくれるのか?我らが一般庶民がびっくるするようなネタなのか?彼らに伝えてあげるべき情報なのか、それを知るには実際に聞いてみるのが一番です。

「ふうん」程度なら厳しいですね。思わず「へええ」と声を張り上げて欲しいところです。それとも「ほおお」と低くうなって欲しいところです。若いOLさんに「やばいやばいやばい」と連呼して欲しいところです。

それがないなら、同じネタでも切り口を変えるか、そのネタをあきらめて違うネタを探すか、あるいは違うネタを作ってしまうか、あきらめさえしなければ、方法はいくらでもあります。

そのひとつが、次にご紹介する、「②新しさ」であり、「③社会性」です。それがあれば、「①驚き」が少なくても、十分マスコミに掲載される可能性があります。

明日は「②新しさ」についてお伝えします。

 

志と想いを伝え、プレスリリースで埋もれた商品を世に出す

商品出世PRプロデューサー 中島PR 中島史朗でした。

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る