1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 広報ブログ:プレスリリースはすぐ書くな

広報ブログ:プレスリリースはすぐ書くな

いよいよ実践に入っていきましょう。

「プレスリリースの書き方」です。

まず、お願いします。

「プレスリリースは、すぐ書かないでください」

いえ、もっと言うと、

「すべての文章は、すぐ書かないでください」

・・・・・

「何を言っているんだ、文章を書くのに、すぐ書くなってどういうことだよ。書かなきゃ、始まらないじゃないか!」

みなさん、落ち着いてください。

「プレスリリースを、すべての文章を、『書くな』と言っているわけではありません。」

『すぐ書くな』と言っているのです。

どういうことか?

「プレスリリース」には、いや「すべての文章」には、「目的」があるはずです。

また、「プレスリリース」には、いや「すべての文章」には、読んで欲しい相手、
「ターゲット」、があるはずです。

まず、これを、明確に、具体化していただきたいのです。

「プレスリリース」の目的は何ですか?

「何を寝ぼけたことを言っているんだ、マスコミに載せることに決まっているじゃないか!」

いいえ、違います。

「は?おまえはバカか?おれは、マスコミに載せたいから、我慢しておまえの駄文につきあってやっているんじゃないか!それが、『プレスリリースの目的は、マスコミに載せることじゃない』だと?気でも狂ったのか?」

いえいえ、そうじゃありません。ごくごく正気です。

正確に言うと、私が言いたかったことは、「プレスリリースの目的は、マスコミに載せて終りじゃない」ということです。

皆さん、ここのところを間違わないでください。

「プレスリリースの目的は、マスコミに載せることではありません」

本当の目的は、そこではありません。

「プレスリリースの目的は、マスコミに載せることではなく、マスコミに載せて終りではなく、本当の目的は、『売上拡大』です。『リクルート』です。『仕入先や関係先などを含めた取引先拡大』です。『銀行からの資金調達』です。そして『社内活性化』です。そのどれかであり、そのどれも、すべて、かもしれません」

ですから、

「マスコミに載った」と言って、喜んで終わってはいけません。あなたの本当の目的はその先にあります。

「マスコミ掲載」は、決して「ゴール」ではありません。むしろ「スタート」です。

「マスコミに掲載された」という事実をネタにして、「売上拡大」につなげるのです。「人材確保」につなげるのです。「取引先拡大」につなげるのです。「銀行からの融資」を引き出すのです。「社内に広めて社員のモチベーションアップ」を図るのです。

これらの最終目的のための出発点、それが「プレスリリース」なのです。

長い長い旅が、ここから始まります。

すべての文章の目的も同じです。「文章を書いて発表する」ことが目的なのではありません。文章を書いて、何かを動かす、何かを変える、何かを起こす、・・・それが文章の目的です。決して「やった!うまく書けた!」で終わっていいわけがありません。

勝負はそこからです。その文章が相手に伝わって、相手の何かの行動を引き起こさなければいけません。企画書を書いたら、その企画が相手を動かして、その企画が通らなければ何にもなりません、企画が通らなければ、タダのゴミです。セールスシートは契約を獲得しなければ目的を達成したことにはなりません。稟議書は上司のハンコをもらえなければ、もう一度やり直しです。

ところが、プレスリリースだけは、なぜか、マスコミに掲載されたら目的達成、それで終り、よかったよかったと、安心してしまうのです。

違います。それだと、『一発花火』で終わる可能性大です。あなたは一瞬売れたらそれでいいのですか?違うでしょ?もっともっと売りたいんでしょ?ずっとずっと未来永劫売れればいいなと思っているんでしょ?

だったら、マスコミに載ることを目的とするのではなく、その後の最終目的を常に意識しておきましょう。『継続的に売れるしくみづくり』のことを意識しておきましょう。

世の中の広報PRの教科書は、たいてい、この『継続的に売れるしくみづくり』のことを詳しく書いていません。でも本当は、これが一番大事なのです。

これを考えていなかったために、『一発花火』で終わった会社が山のようにあります。死屍累々です。

皆さんは、そうならないでください。

『継続的に売れるしくみづくり』

このことを意識して、前もって準備しておきましょう。

とりあえず、このことをしっかり覚えておいてください。

『継続的に売れるしくみづくり』の詳細は、またあらためて、詳しくご説明します。

まずは、プレスリリースの目的を、具体的に明確化してください。

『売上拡大』?『リクルート』?。『仕入先や関係先などを含めた取引先拡大』?『銀行からの資金調達』?『社内活性化』?

「全部だよ!」

わかりました。では、優先順位を決めてください。どれを優先しますか?

あなたは、何のために、プレスリリースを送るのですか?

 

明日に続けます。

 

志と想いを伝え、プレスリリースで埋もれた商品を世に出す

商品出世PRプロデューサー 中島PR 中島史朗でした。

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る