1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 広報ブログ:緊急事態になってもプレスリリース

広報ブログ:緊急事態になってもプレスリリース

ついに、東京も新型コロナ厳戒態勢に入ってきました。

「プレスリリース」の話などしている場合か?とも思いましたが、

逆にジタバタしてもどうしようもありません。

家にいるしかないわけですから、逆に言うと、千載一遇の在宅学習のチャンスです。

こういうときだからこそ、「プレスリリース」の基本をご習得ください。

どんな時でも、世の中に情報を伝えるマスコミの役割は必須です。

そして、新型コロナ情報だけで、マスコミを埋め尽くすことはできません。

みんな、スポーツの事も知りたいし、社会の事件のことも知りたい、文化的な情報にも触れたいのです。オリンピックはどうなるのか、プロ野球は?Jリーグは?

そして、もちろん経済の情報、新商品の情報、新サービスの情報も知りたいのです。

それらの情報は、記者さんの力だけでは、すべてを拾い上げることはできません。

やはり、プレスリリースも見るのです。

今後、「新型コロナ」の感染爆発がもし起こった場合、記者さんの取材活動もかなり制約を受けることも考えられます。

でも、情報は伝えなければならない。白紙の新聞を出すわけにはいかないし、何も映像が流れていない砂嵐が続く番組を流すわけにはいかないのです。

そこで、「プレスリリース」です。FAXでも、メールでも、テレワークで情報をお届けすることができます。

直接会って話することが制限されるような事態になれば、なおさら、「プレスリリースの書き方」は、超重要になります。

昨日のブログで、目的の設定について、お伝えしました。

『売上拡大』?『リクルート』?『仕入先や関係先などを含めた取引先拡大』?『銀行からの資金調達』?『社内活性化』?

優先順位を決めてくださいと言いました。

決めましたね?

それでは、「目的」の次です。

それは、「ターゲット」です。

あなたが、最終的に、自社の情報を届けたい相手は、誰ですか?

性別は?年齢は?職業は?年収は?趣味は?スポーツは?持ち家?クルマは?貯金は?性格は?既婚?未婚?価値観は?人生観は?ライフスタイルは?

細かく、細かく、その相手の特徴をイメージしてください。誰かモデルになる人がいるならその方の特徴を具体的かつ詳細に書き出してください。

それがイメージできたら、その方が接触するメディアを書き出してください。

テレビなのか、新聞なのか、雑誌なのか、ネットなのか、・・・・・・

テレビはニュースなのか、経済番組なのか、バラエティ番組なのか、スポーツ番組なのか、ドラマなのか、ワイドショーなのか、・・・

新聞は、読売新聞なのか、朝日新聞なのか、日経新聞なのか、産経新聞なのか、フジサンケイビジネスアイなのか、日経MJなのか、日本食糧新聞なのか、電波新聞なのか、・・・

日経ビジネスなのか、週刊文春なのか、女性セブンなのか、ananなのか、Numberなのか、オレンジページなのか、美的なのか、・・・

ヤフーニュースなのか、・・・・・

これをすることによって、アプローチするメディアを決めていくのです。

考えてみれば当たり前のことですが、

「プレスリリース」は、届けたい相手に、届けてください。

ものすごくターゲットが限られている商品をPRするのに、「プレスリリース」をやたらめったらバラまいても意味がありません。紙のムダです。

最低100媒体には配布してください、とおっしゃる先生もいらっしゃます。ターゲットが広い場合にはそれもいいでしょう。でも、広報担当が1人しかおらず、それもいろいろな仕事も兼任しているのに、100媒体に配布するのは、ハッキリ言ってムリです。

@pressやPRTIMESを使うのであれば、それもできるでしょうが、お金もかかりますし、記者さんとの信頼関係はいつまで経っても築くことができません。

それでもいいなら、私は止めませんが・・・

私がおすすめするのは、ここに載せてほしいというメディアを絞り込み、せいぜい30媒体くらいまでにして、むしろこの30媒体に対する接触頻度を上げる作戦です。

これなら、1人でも、広報専任でなくでも、何とか30媒体すべて、一応、フォローできると思います。実際には、その中のせいぜい10媒体くらいしか、本当にはフォローできませんが・・・・

そして、本当に仲の良い媒体を、3~4社、つくってくださいね。そしてその媒体を大切にしてください。それがあなたの広報PRマンとしての財産になっていきますから・・・

長くなってしまいました。続きはまた明日。

 

志と想いを伝え、プレスリリースで埋もれた商品を世に出す

商品出世PRプロデューサー 中島PR 中島史朗でした。

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る