1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 商品出世広報PR的視点 阪大量産、病院向け無償フェースシールド

商品出世広報PR的視点 阪大量産、病院向け無償フェースシールド

病院向け無償フェースシールド

阪大量産、寄付が後押し

今日の神戸新聞、日経新聞ほかネットニュースの記事です。

 

これが、マスコミに掲載される秘訣です。

①新型コロナ対応、中でも「医療従事者向けに無償で寄付」という、社会貢献性

②阪大が核という、公共性

③阪大が中小企業7社とコラボしたという、時代(トレンド)性

④クラウドファンディングによる寄付集めという、時代(トレンド)性

こんなネタが、載らないわけがありません。

 

よく調べてみると、このネタがマスコミに載るのは2回目。

 

4月20日にクラウドファンディングを開始するときに1回、

5月18日までにクラウドファンディングで3200万円集まったから量産する今回が2回目

なんです。

 

この手を使いましょう。

地域貢献、社会貢献をしながら、ちゃんと大学のイメージアップになっている。

クラウドファンディングを使えば、募集時と〆切時、最低2回はプレスリリースできる。

 

あざといと言われるかもしれませんが、中小企業はきれいごとだけでは生きていけません。

新型コロナで存亡の危機なんです。悠長なことを言ってはいられません。

 

もちろん、今回の阪大の記事も、教授の純粋な気持ちが出発点だと思います。

今いちばん大変な医療従事者に向けて何か自分にできることで役に立ちたい。

それだけだったと思います。

 

(毎回毎回しつこいですが)

でも、世のため、人のため、動き、働くことが、結局は、自分のところに返ってくる、その好例ではないでしょうか?

 

いつもいつも、青臭いことを言うようですが、こんないいことしていたら、周りはみんな寄付しますよ。絶対応援してくれます。嬉しいことに、世の中、いい人はいっぱいいるんです。

 

ですから、まず、出発点としては、本当に、心から、自分が世の中のために役に立つ事を考えてください。マスコミに載りたいとか関係なく、仮にマスコミに載らなくても自分に何ができるのか、どうすれば少しでも世の中の役に立つのか、考え抜いてください。

 

そして、あなたのできることを実行してください。世の中に喜んでいただけることを、小さなことでもいいので、実際にやってください。

 

そしてそのとき、それを、自慢することなく、淡々と、マスコミにお伝えください。

 

できれば、マスコミに報道していただくことによって、もっと幅広い、大勢の方のお役に立てるようなことができるなら、それがベストです。

 

そうすれば、あなたのその気持ちが本当に純粋な想いから発したものであれば、マスコミは取材に来てくれます。

 

マスコミに載りたいという売名行為でやっているのなら、マスコミには載りません。

マスコミに載らなくてもいい、自分たちは世のため人のためにできることをやる、そう思ってやっているのなら、マスコミに載ります。

 

そういうことなんです。

 

売ろう売ろうとガツガツしていると、売れない。

売れなくてもいい、社会のために良い商品サービスを提供するだけと思っていると売れる。

 

マスコミはあなたをよく見ています。

 

でも売りたい、マスコミに載りたい。その気持ちもよくわかります。

 

だから、あなたが世の中に発信していくノウハウが必要なんです。スキルが要るんです。

テクニックもあります。コツがあるんです。

 

おそらく、あなたひとりでは、できないと思います。

 

私にお任せください。マスコミに掲載されるまで、徹底的にサポートいたします。

ご連絡は下記へ。

 

【中島PRの「商品出世PR」サポートサービスのご案内 】

 

志を想いを伝え、マスコミに掲載して売上を上げ続けるしくみをつくる

【商品出世PR】にトライしてみませんか?

 

マスコミに掲載されなければ全額返金保証

https://nakashimapr.jp/service/

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る