1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 広報PRブログ 競合も一緒にプレスリリースする

広報PRブログ 競合も一緒にプレスリリースする

「競合も一緒にプレスリリースする」

「マスコミトレンド記事連合PR」という手法 

 競合商品も一緒にプレスリリースに書いてPRしましょう。

 「肉を斬らせて、骨を絶つ」

 あなたが自社の商品に自信があるのなら、競合に負けない自信があるのなら、

 あなたのプレスリリースに、競合商品を載っけちゃいましょう。

 え?気でも狂ったのか?それとも底抜けのバカか?

 なんで、手間ヒマかけてプレスリリースを書くのに、敵に塩を送るようなマネをしなくちゃいけないんだ?

 そんな皆さんの怒号が聞こえてきます。

 皆さん、ふつう、そう思うでしょ?

 ということは、私たちが口説きとしたいマスコミも、そう思うはずなんです。

 なんで、こいつは、わざわざ競合商品まで、プレスリリースに載っけてるんだ?

 よくみると、競合商品だけじゃなく、この市場や業界のトレンドまで簡潔にまとめてくれてる。こりゃ便利だ。めちゃくちゃ取材しやすいな。

 マスコミはそう思ずなんです。

 そもそもマスコミはトレンド情報が大好きです。いち早くトレンドをとらえ、それを読者、視聴者に伝えるのが俺たちの仕事、そう思っています。俺たちがトレンドを発信したおかげで、世の中のブームは起こっているんだ、とさえ思っています。

  タピオカミルクティーもバスクチーズケーキも、俺たちテレビ、新聞、雑誌が取り上げなきゃ、インスタだけじゃ、あんな大ブームにはなっていない、まだまだおれたちの影響力は絶大なんだ。そう思っています。

 そこへ競合含めたトレンド情報を簡潔にまとめた、このプレスリリース。

 この広報担当者、よくわかってるな、広報PRのこと。そうだよ、おれたちゃ、死んでも、企業の宣伝の片棒なんてかつぎたくないんだよ。

「今この業界ではこんな商品が流行っています。代表的な商品はトップメーカーA社の商品Xですが、最近中小企業B社の商品Yが売上を伸ばしています。その原因は商品Yのこんなところにあります。他には中堅企業C社の商品Z、その特徴は・・・」

 そうそう、こんな至れり尽くせりの情報なら大歓迎だ。どこか1社に偏った情報だとまずいんだよ。そこへ来るとこのプレスリリース。いいね。俺たちが調べなくても全部書いてくれてるよ、助かるな。このままでも記事になるんじゃないか?もちろん、裏取り(事実確認)と追加取材はしなきゃいけないけど。

 一発で、あなたの会社と、そこの広報PRマンであるあなたの評価はうなぎのぼり。できる広報PRマン、わかっている広報PRマンとして、マスコミに確実に認知されます。

 これがいちばん大切なんです。

 こいつは、おれたちが、公平公正に誰もえこひいきしてはいけないという立場・建前、人員削減かつ働き方改革で超多忙、自分で不要不急の情報を地道に追っかけている時間がないという現場の状況を、よくわかっていてそれに合わせてプレスリリースを書いてくれている。

 人間は、自分のことをわかってくれる相手、自分にメリットを提供してくれる相手に対しては、当然、好意を持ちます。

 あなただって、そうでしょ。献身的に尽くしてくれる相手には、悪い気はしないでしょ?手間ヒマかけて、自分のために、動いてくれるんですよ。

 自分の競争相手の情報まで教えてくれるんですよ。頼んでもいないのに。自分に不利な記事を書かれるかもしれないのに。

 記者さん、ディレクターさんだって、人間です。

 自分で裏取りして確信が持てたら、当然、競合よりあなたの記事を増やしてくれます。写真がいちばん大きいのも、もちろん、あなたの会社の商品になります。

 記者さんだって、いい会社のいい商品なら、読者のためにもなりますから、当然大きく取り上げてくれるんです。それも、自分が好意を持っている広報担当者のためにもなるなら、なおさらそうです。

 文章はこの会社のこの商品に関する部分を3行くらい増やしておこうか、写真ももう一回り大きく・・・と言ったかどうか知りませんが、

 結果的に、市場トレンドを紹介する某大手新聞社の夕刊で、私の前の会社のメイン商品が、超大手一流メーカーのライバル商品を差し置いて、写真はいちばん大きく目立って掲載され、文章の記述もいちばん多く紹介されていました。そして、売上は前年比440%。

 あなたもやりませんか?

 競合商品まで一緒にPRする「マスコミトレンド記事連合PR」

 おまかせください。私が、その奥義をお伝えし、

 マスコミに掲載されるまで、徹底的にサポートいたします。

 ご連絡は下記へ。

【中島PRの「商品出世PR」サポートサービスのご案内 】

志を想いを伝え、マスコミに掲載して売上を上げ続けるしくみをつくる

 

【商品出世PR】にトライしてみませんか?

マスコミに掲載されなければ全額返金保証

https://nakashimapr.jp/service/

 

【問合せ窓口】 中島PR代表 中島史朗

【住所】兵庫県神戸市東灘区深江北町2-2-28

【連絡先】s.nakashima2017@gmail.com

【ホームページ】https://nakashimapr.jp

【お客様の声】https://nakashimapr.jp/voice/

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る