1. ホーム
  2. お知らせ
  3. マスコミに掲載されるコツ 「もち米アイス召し上がれ 1年かけ開発しっとり感引き出す」

マスコミに掲載されるコツ 「もち米アイス召し上がれ 1年かけ開発しっとり感引き出す」

 「もち米アイス召し上がれ 1年かけ開発しっとり感引き出す」

 

 今日の神戸新聞三田阪神版トップ記事です。

 

 「JA兵庫六甲は、三田市産のもち米『ヤマフクモチ』を使った『もち米アイス』を発売した」

 

 ①「もち米」と「アイス」の取り合わせの、意外性

 ②「地元特産の『ヤマフクモチ』の活性化」という、地域性

 ③「1年かけ開発した」という、物語性・ドラマ性

  

 伝統地場産業の衰退。良い商品だが時代に取り残されてきた。

 どっこい死なないぞと、1年かけて新商品開発。大逆転を狙う。

 

 こんなどん底からの逆転ドラマは、マスコミ掲載定番中の大定番パターン。

 

 「カンブリア宮殿」も、「ガイアの夜明け」も、「プロフェッショナル」も、「情熱大陸」も、

その名も「逆転人生」も、全部これ。

 

 あなたの会社にもあるでしょ。これまでの歴史の中で。

 苦しい時のこの一手が会社を救ったっていう、そんな逆転ドラマが。

 

 それをお伝えするんです。

 

 いいんですよ、逆転する前で。今回の例もそれ、まだ逆転していません。仕掛けを始めたところ。

 

 その反撃ののろしを上げたところから、プレスリリースするんです。

 

 マスコミはどう思うでしょう?

 

 伝統地場産業、がんばってるな。何とか地元のために応援してあげたいな。これを記事にすることで、復活のキッカケになったらいいな。

    

 商品も良さそうだ。もともと「赤福餅」も使われていたのか、じゃあ品質は間違いないな。

 

 富山県のアイスクリーム会社に製造を依頼。ふむふむ一種のコラボね、ますますニュースバリューが高い。

 

 当初の試作では固くなって失敗。しかし二回目の試作でトルコアイスのように弾力感のある商品を目指した。ん?トルコアイス?いいねえ。以前結構話題になったもんね。トレンド感出るじゃん。こういうの、マスコミ向き。

 

 と記者さんが思ったかどうかわかりませんが、話を聞くうち、これはいける、記事掲載の可否を決めるデスクも一発OK間違いなし、となったのではないか、と思います。

 

 

 

 

 衰退する伝統地場産業の皆さん、チャンスです。

 

 普通の会社よりよっぽどチャンスがあるんです。

 

 ひどい言い方をあえてすれば、皆さんはこのままではじり貧です。

 

 今後コロナで景気が悪くなることは目に見えています。

 

 どっちにしろ、内野ボテボテのゴロでも何でもいいから、皆さんは新しいチャレンジをして

起死回生を狙わなければいけないんです。

 

 マスコミ受けを考えて商品開発しましょう。

 

 意外性、地域の独自性、トレンド性、全部盛り込んで商品開発してください。

 

 もちろん、皆さんの強みを活かすことが前提です。

 

 そして、リリースを出すんです。

 

 そして、大逆転のドラマの応援をお願いするんです。

 

 マスコミのお力をお貸しください。地域復興のために。お客様の喜びのために。

 

 これならマスコミが飛びついてくれます。

 

 そんなネタに飢えているんですから、彼らは。

 

 そして逆転を狙ったドラマのその後を、継続的に情報発信し続けてください。

 

 記者さんは自分が発掘したネタのその後の姿を気にしています。あの会社、あの商品はどうなっているんだろう?

 

 自分が育てた子供のようなもんです。すくすく元気で育っているか、気になるんです。病気はしていないか、大きく成長したのか、どれくらい大きくなったのか、知りたいんです。

 

 ですから、ときどき、その成長記録をお届けするんです。あなたのおかげでこんなに成長させていただきました。小さいとき、あなたがマスコミで紹介してくださったおかげです。こんなに大きくなりました。

 

 そのことをお手紙してください。

 

 きっと、成長した姿をまたマスコミで取り上げてくださるに違いありません。

 

 記者さんにとっても、それが喜びなんです。日本全国、世界中誰でも持っている親心。

 

 そして、いつのまにか、あなたの会社はマスコミ常連になっています。

 

 もし本気でそこを狙うならお声掛けください。 

 

 ど素人からマスコミの常連になった私がやり方をお伝えします。

 

 今なら中小企業のコロナ対策応援キャンペーンとして、通常1万円のセミナーを無料でご提供し、個別相談も初回無料でお受けしています。 

 

下記からご連絡ください。

https://nakashimapr.jp/contact/

 
【中島PRの「商品出世PR」サポートサービスのご案内 】
志を想いを伝え、マスコミに何度も掲載され売れ続けるしくみをつくる

https://nakashimapr.jp/service/

【問合せ窓口】 中島PR代表 中島史朗
【住所】兵庫県神戸市東灘区深江北町2-2-28
【連絡先】s.nakashima2017@gmail.com
【ホームページ】https://nakashimapr.jp
【お客様の声】https://nakashimapr.jp/voice/
中島PR All rights reserved.

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る