1. ホーム
  2. お知らせ
  3. マスコミに掲載されるコツ 「杉本製茶 静岡の抹茶を北米に ブーム追い風 用途開拓」

マスコミに掲載されるコツ 「杉本製茶 静岡の抹茶を北米に ブーム追い風 用途開拓」

「日本茶の国内市場が落ち込む中、杉本製茶は海外に活路を見いだす。2008年から米国で自社ブランド品の販売を始め、今では売上高の7割超を海外が占める抹茶ブームを追い風にパンやスイーツなど様々な用途を開拓し、静岡名産のお茶は世界に広がっている」

 

今日の日経新聞スタートアップ面「地域発世界へ」コラムの記事です。

 

①「海外での抹茶ブーム」という、時代性・国際性

②「米国でパンやスイーツに練り込む」という、新奇性・希少性・独自性

③「国内向け卸から米国での販売拡大」という、物語性・人間性

 

 「海外進出のきっかけは、米国人男性旅行者が偶然立ち寄ったこと」

 「米国のお茶市場は紅茶や中国茶の人気が高く、日本茶は後発で苦戦」

 「米国のお茶専門の展示会に出展し伝統的なお茶の入れ方など地道に紹介」

 「海外で認められない農薬があるため、無農薬の生産者と取引開始」

 「輸出用設備を整えた新工場を開設。食品安全の国際規格も取得」

 「コロナ禍でも北米の需要は旺盛、海外事業の売上は前年の倍」

 

 絵に描いたような成功物語ですね。

 

 「立ち上がり→苦難の連続→克服して成功」という、黄金パターンです。

 

 これは「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」も夢ではないと思います。

 

 メディアの皆さんは、この手の苦労話が大好きですからね。

 

 日本では衰退産業の日本茶という素材がまず良いですね。

 

 何と言っても、「日本人の心の故郷」「代表的な日本文化のひとつ」という位置づけですから。

 

 それに、衰退しつつあるというのも、判官びいきの日本人の心情へのアピール度は大だと思います。

 

 そこへ、日本の老舗中小企業が、海外それも北米という世界一の大市場へ打って出て、地道に努力を積み重ね、成功しているという事実。

 

 これほど痛快なニュースはありません。

 

 このところ、アメリカ、中国にやられっぱなしで、ビジネス的にはいいところがないというイメージの日本で、このニュースは単純に嬉しい。

 

 先行する中国茶や紅茶を真面目な努力で打ち負かしたなんて、溜飲が下がる思いです。

 

 『これぞ、ジャパニーズビジネス』とまで言うのは大げさでしょうか?

 

 個人的には、あくまでもあつかましく押しの強い商売で、とにかく粗悪品でも何でも売った者勝ち、というイメージの強い欧米・中国ビジネスに対して、

 

昔から三方良しをモットーに、お客様との信頼関係を地道に構築することを第一義に置いてきた『ジャパニーズビジネス』、それが北米でも受け入れられているというのは素直に嬉しい。

 

 『最後に愛は勝つ』少し話が飛躍しすぎでしょうか?

 

 とにかく、日々創意工夫を怠らずまっとうな商売を続けていれば、いずれはわかってくれる人が現れます。

 

 ただし、その人があなたのために走り回って、あなたの自慢の商品をクチコミで広めてくれたとしても、冷たい言い方をするようですが、所詮は竹槍で戦車に立ち向かうようなものです。

 

 プレスリリースして、メディアの皆さんを味方につけましょう。

 

 そうすれば、あなたの会社の成長スピードは格段に速くなります。徒歩と新幹線、いやもしかすると徒歩と宇宙ロケットくらいの差がつきます。

 

 メディアに出て急成長した会社は枚挙にいとまがありません。ソフトバンク、楽天、サイバーエージェント。サイバーエージェントの広報は創業当初、毎日プレスリリースを打とうとして果たせず、やむを得ず週2回にしたそうです。その結果売上は急拡大し、今ではインターネット広告業界では天下の電通にも負けない存在にのしあがっています。

 

 広報PRには、そんな力があります。あなたもチャレンジしてください。

 

 今なら中小企業のコロナ対策応援キャンペーンとして、個別相談も初回無料でお受けしています。 

 

下記からご連絡ください。

https://nakashimapr.jp/contact/

 
【中島PRの「商品出世PR」サポートサービスのご案内 】
志を想いを伝え、マスコミに何度も掲載され売れ続けるしくみをつくる

https://nakashimapr.jp/service/

【問合せ窓口】 中島PR代表 中島史朗
【住所】兵庫県神戸市東灘区深江北町2-2-28
【連絡先】s.nakashima2017@gmail.com
【ホームページ】https://nakashimapr.jp
【お客様の声】https://nakashimapr.jp/voice/
中島PR All rights reserved.

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る