1. ホーム
  2. お知らせ
  3. マスコミに掲載されるコツ 「松栄堂、関東でお香の移動販売」

マスコミに掲載されるコツ 「松栄堂、関東でお香の移動販売」

「創業300年の香の老舗、松栄堂(京都)は移動販売車の運行を始めた。人出の多い場所に直接出向いて、香を知らない人にもアピールする。実際にお香をたいたり匂い袋を置いたりして、人を引き寄せる工夫をこらす」

 

28日の日経関西版の記事です。

 

①「お香の移動販売」という、意外性・新奇性

②「老舗が移動販売」という、意外性・新奇性

③「和の見直し・再発見」という、時代性

 

 もっと大きく取り上げられてもいいのにな、と思って見ていました。

 

 お香のお店と聞いて、古臭い店の中で辛気臭い顔をして「お客さん、けえへんなあ」と言ってこぼしているだけで、何も新しいことに取り組もうとしない、というイメージを勝手に頭の中に作り上げていました。 

 

 「お客さんが来てくれへんのやったら、人が集まるところへこっちから出向いて行ったらええやん。

 

 年取った常連さんばっかりで、新しいお客さんが全然来てくれへん、若い人は「お香」なんかそもそも全然知らんのとちゃうか?

 

 ほな、実際にお香をたいたらよろし、匂い袋も置いたらよろし」

 

 「そやけど、ウチは300年の老舗でっせ。そんなみっともないことできまへんで。老舗は老舗らしく、でーんと構えとかんとあかんのちゃいますか?」

 

 「そんなこと言うたかて、今日も1人もお客さん来てはらしませんで」

 

 「そやなあ・・・」

 

 という会話があったかどうか知りませんが、

 

 遂に山、動く。300年の老舗が、打って出たわけです。

 

 よろしなあ。その心意気。

 

 常々思うのですが、ちっとも自分で動かないで、儲からへん、儲からへんと言っている人たちが多過ぎますよね。

 

 ダメもとで、お金があんまりかからん方法で、いっぺん試しにやってみはったらよろしのに。

 ほな、90%くらいの人は、何もやってませんから、けっこう目立ちまっせ。

 

   そして、うまいこといったら、ほんまに儲かりまっせ。

 

 「失敗したらどないするんや?責任取ってくれるんか?」

 

 あほ言いなさんな。そんなもん自己責任に決まってまっしゃろ。

 

 「ほな、やめた。そんな危ない橋渡れるかいな」

 

 そやから、危なくない範囲でやってみはったら、て言うてますねん。

 

 もうよろしわ。そやったら、今のまま儲からんかて、文句言うたらあきませんよ。あんたはんが、やらへん言わはったんやから。

 

 ・・・・・・

 

 どっちにしてもじり貧なんですよ。お香の業界は。

 

 それやったら、座して死を待つのではなく、打って出よう、という大英断をくだされたんでしょうね。素晴らしい。

 

  そして、プレスリリースしたんでしょうね。

 

 結果、こうやって、ささやかな記事ではありますが、新聞に出ました。

 

 移動販売車の写真入りです。

 

 新聞社さんの許可を得て、この記事を大きく拡大し、パウチっ子して、移動販売車で配るんでしょうね。「新聞に出ました!」」と言いながら。

 

 実は、これがいいんです。ささやかな記事だろうがなんだろうが、新聞に出たのは事実。言い方悪いですが、とことんしゃぶりつくしましょう。

 

 あなたのビジネスが飛躍するキッカケになると思います。

 

 あなたもプレスリリースを出しましょう。

 

 今なら中小企業のコロナ対策応援キャンペーンとして、個別相談も初回無料でお受けしています。 

 

下記からご連絡ください。

https://nakashimapr.jp/contact/

 
【中島PRの「商品出世PR」サポートサービスのご案内 】
志を想いを伝え、マスコミに何度も掲載され売れ続けるしくみをつくる

https://nakashimapr.jp/service/

【問合せ窓口】 中島PR代表 中島史朗
【住所】兵庫県神戸市東灘区深江北町2-2-28
【連絡先】s.nakashima2017@gmail.com
【ホームページ】https://nakashimapr.jp
【お客様の声】https://nakashimapr.jp/voice/
中島PR All rights reserved.

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る