1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に出る方法129 ~大手広告代理店出身・広報宣伝プロデューサーのPRスキル~ 「時流に乗ろう」

広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に出る方法129 ~大手広告代理店出身・広報宣伝プロデューサーのPRスキル~ 「時流に乗ろう」

広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に出る方法129

~大手広告代理店出身・広報宣伝プロデューサーのPRスキル~

 

「時流に乗ろう」

 

「収束願い567(コロナ)個 雲火焼でアマビエ 赤穂の窯元、お守りと箸置き」

 

9月9日の神戸新聞広域版の記事です。

 

①「コロナの収束願い」という、社会性・公共性

②「雲火焼とアマビエ」という、独自性・意外性

③「赤穂の窯元」という、地域性

④「地元の神社で販売」という、公共性

 

「新型コロナウイルスの早期収束を願い、赤穂雲火焼で作った疫病よけの妖怪『アマビエ』が完成した」

 

 こういうネタは広告宣伝費ゼロで載ります。なぜなら、

 

 とにかく、「コロナ」と名前がついていたら、一応、プレスリリースのタイトルだけは見てくれます。

 

 それが、「テレワーク」でも、「オンライン」でも、「AI」でもいいんです。「働き方改革」でも、「ブロックチェーン」でも、「MaaS」でもいいんです。

 

 とにかく、時流に乗っているトレンドキーワードにのっかりましょう。

 

 普通はスルーされてしまうプレスリリースが、トレンドキーワードをタイトルに入れるだけで、0.5秒だけ長く見てもらえます。

 

 この0.5秒が大事なのです。

 

 毎日100通も300通もプレスリリースが来るんです。ちょっとでも長く見てもらえたら儲けものです。

 

 それを実現するための秘訣がこれです。

 

 トレンドキーワードに無理矢理にでもこじつける。

 

 トレンドキーワードから発想して無理矢理にでもネタを創る。

 

 そうすれば、取り上げられる確率は確実に上がります。

 

 マスコミにプレスリリースするようなネタが無いとお嘆きのあなた、

 

 無ければ創りましょう。

 

 そのために、日頃から、何がトレンドキーワードなのか、高くアンテナを張っておきましょう。

 

 そして、常に、自社にこじつけられないか、考えましょう。

 

 時流に乗ってテレビや新聞に載れば、売上10倍も夢ではない。

 

 レッツ・トライ。

 

 <広告宣伝費ゼロでテレビや新聞に出る方法>

 

 「時流に乗ろう」

 

 安直なアイデアでもいいじゃないですか。

 

 雲火焼で「アマビエ」を作る。しかも、コロナに合わせて「567個」

 

 何のひねりもありません。

 

 それでも、そこそこ大きなスペースにカラー写真。

 

 ぜひ、やってみてください。

 

 トレンドキーワードこじつけ企画。

 

 載る可能性高いですよ。

 

セミナー/無料特典
申込受付中
お気軽に、お申込みフォームにてご連絡ください。
  1. お電話の方は下記へおかけください。090-7552-15999:00~18:00(土・日・祝可)
ページトップに戻る